「元気」タグアーカイブ

「終活」って暗いイメージ? 『サポラボフェスタ』で感じたこと。。。

 

こんにちは

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

12月6日に、一般社団法人地域女性活動サポートラボの設立一周年記念イベント『サポラボフェスタ』が開催されました。
たくさんの方にご来場いただき、和やかな雰囲気で楽しい時間をすごすことができました。 

私もブースでの出店をさせていただき、何名かの方とお話ししました。
率直な感想は、「もっと知っていただきたい!」と言うものでした。

 

「終活」という言葉を目にすると、どうしても  「もしもの時の準備」 と思いますよね。
「エンディングノート」 も同じです。もしもの時の準備として、残された方が困らないように、また、伝えたいことを記録するためのノート、というのが一般的なイメージです。

実は! 「エンディングノート」 は、記入する過程が とても大切なんです!
「エンディングノート」 の作成は、ちょっと面倒で、簡単とは言えないのですが、人生を振り返りながら胸を熱くして書くという、特別なノートでもあるんです。

もちろん、簡単に書くことができるページもあります。

保険証や年金手帳の番号、持っているクレジットカードの保管場所、病院で亡くなったときに自宅に一度帰りたいか? などなど、すぐに記入できる項目は、最初に記入してほしいです。

ところが、自分の記録のページや、大切な人に伝えたい思いを書くページは、なかなか筆が進みません。
ときには、思い出とともに涙があふれてしまうこともあります。

そこがポイントなんです。
普段はあまり考えないこと、忘れかけて思い出すことがなかったこと、胸の奥にしまってあったこと… そんな様々なことを、心の引き出しから取り出して、整理しながら書くのが 「エンディングノート」 なのです。

そうして、自分の心と対話して、あらためて自分を見つめてみることで、漠然としていたものがハッキリしたりします。
今 自分は何をしたらいいのか、進むべき方向はどっちか、などなど、止まっていた時間が動き出すから不思議です。

そんなアレコレを一緒に語る  “場”  を企画しました。

暮らしのときめきカフェ
1月21日(土) 10時~16時
富士吉田市中曽根 住まいのオサダ 2階

年が明けてからのイベントですが、ご都合が合いましたら、ぜひ、お越し下さいませ。

 

 

1+

終活とは… 堅いタイトルですが中味はユルい?

こんにちは

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

「終活」 って言うと、
どうしても高齢者のイメージがあります。

もちろん、差し迫った世代の「終活」は重要課題です!
「相続」「遺言」「保険」「葬儀」「お墓」。。。
なんとなく気になっていても、きちんと家族に伝えたり、残したりしている方は、意外と少ないんですよね。

私自身、80歳過ぎた両親に、面と向かって聞くことは、なかなか難しいです。

それでも、高齢者の「終活」が大切だということは、わりと周知されて来たように思います。

 

終活カウンセラー協会のホームページには、

終活とは…
人生の終焉を考えることを通じて自分を見つめ今をよりよく自分らしく生きる活動

とあります。

そうなんです!
「終活」というのは、年齢には関係なく (とはいえ、20代は早すぎかな…)、今をいきいきと生きるための活動なんです!

よく頑張ってきたなぁ…とか
思っていたのと違う方に歩いてきたなぁ…とか、今までの自分の歩みを見返してみる。
そして、これから先、このままの道を歩くのか、少し修正して新しい方向へ進むのか、じっくりと考えてみませんか。

そうすると、今、やるべきことが見えてくるんです!

もしも、ピンと来るものが無かったとしても、今は、パソコンとか、スマホとか便利なものがあります。
(私が若い頃はそんなもの無かった…(T_T))
知りたいことはすぐに調べられるし、近くにいる仲間も見つけることができます。

焦らずに、なんとなく気になることを調べてみたり、初めてみたりしましょう。

私が数秘&カラーを知ったのは 3年前、上級プレゼンターになったのが 1年前でした。
終活カウンセラーを知ったのは 2年半前、上級カウンセラーになったのが 1年ほど前でした。
(ついでに、サウルハープを始めたのは 3年前)

50歳を前にした頃、子供に手がかからなくなり (と言うより、相手にされなくなったと言うべき?)、高齢の両親の様子が気になり、月 1回実家に帰るようになりました。

それから 3年過ぎた頃に、新しい出会いとともに、新しい道が見えてきたんです。

連続ドラマ  『地味にスゴイ!校閲ガール』の最終回で、
ワタクシ、テレビ大好きオバサンです ^_^ ) 心に響くセリフがありました。

「小説家になりたかった。」と話す、リタイアした男性に向かって、主人公は
「過去形で言わないでください。本の夢、取り戻してください。」
といいます。そして、小説家になった友人が、言うのです。
「まだ夢の途中にいると思うと、ワクワクしてこないか? あの頃のように、一緒に夢をみようじゃないか…! 」

いくつになっても、夢や希望を持って生きることは、心も体も元気にしてくれると思います。

大きく書いてしまいました(笑)

「終活」を通じて、私がいちばん伝えたい事なんです!
そういう私自身、まだまだ歩き始めたばかりです。
私と一緒に、ときめく終活に取り組みましょう♪

 

おつき合いくださリ、ありがとうございました。

 

 

 

2+