「終活カウンセラー」タグアーカイブ

呪われてる~《 人生棚卸し② 》

 

おはようございます。

歌って笑う終活カウンセラーの、いとうくみこです。

 

怒涛の3月が嵐のように過ぎ(笑)、
あっという間に、新年度が始まります。

だいぶ、時間が過ぎてしまいましたが、
『第2回暮らしのときめきカフェ』にお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

素数糸かけ曼荼羅体験にご参加くださったKさんと息子さん。とっても仲良しなのがビシビシ感じられる爆笑トークに癒やされました。

ご参加、ありがとうございました。

ご了承いただいて掲載しました。

 

今回の『暮らしのときめきカフェ』の目玉は、
金融一筋30年の中岡新子さんの年金セミナー!

 

今回も、たくさんの方にお越しいただきました。

 

次回は、5月19日(金)を予定しています。
お待ちしていますね。

 

さてさて「人生棚卸し」の第2段です。

15年近く前、40歳が近づいたということで、人間ドックを受けました。

その頃は、静岡県裾野市に住んでいたので、長泉町の検診病院で受けたのですが、まさかの展開に…。

卵巣のう腫がみつかり、手術をすすめられたのです。
7センチの大きさで手術をすすめるらしいのですが、私の場合は9センチ。
いつ破裂しても、ねじれても、おかしくないと言われてしまいました。

実家に子供を預け、富士吉田市立病院に入院し、右の卵巣を切除していただきました。

私は、結婚後の少しの間、愛知県の産婦人科の病院で、受付事務の仕事をしていました。

そこで、小耳にはさんで知っていたことがあります。

卵巣(卵)は、体のすべての細胞の元になっているから、卵巣の病気で何らかの状態になると、体のいろんな部分の細胞に変化する…。

具体的にいうと、切除した卵巣に、髪の毛や歯のようなものが、混ざっていることがあるのです。

これ、知らないとビックリします。
手術後に、切除したものを見せられることがありますが、歯や髪の毛がウジャウジャあったら…。

実際、「呪われている…」と真っ青になった患者さんもいらしたそうです。
笑えないですよね。

私も切除した物を見せていただきました。
麻酔が効いていてボンヤリしてましたが、やはり、髪の毛や骨のようなものがありました。

身近な方で、卵巣を切除される方がいましたら、お伝えくださいね。

 

健康つながりで、思い出したことがあります。

花粉症を自力で治した人がいます。
主人です。

きっかけは、会社で受けたセミナーだったようですが、具体的にどうするのかというと…。

大量の花粉が舞う中で、深呼吸しても、ぜんぜん平気、なんともない…。

と、イメージするのだそうです。
何度も、何度も…。

毎年、シーズンの前にやっているそうです。

主人は、ずーっと前、花粉症に悩まされている時期がありましたが、今は、病院にも行っていませんし、薬も飲んでいません。

このことを、私はすっかり、忘れていました。

効果があったことを主人が話していた頃、何人かの人に話したのですが、皆さん、信じていませんでした~。(笑)

騙されたと思って試してみて~、と言ってみましたが、その後、誰からも報告がないので、結果はわかりません。

ですが、私の主人が毎年やっていて、本当に効果があるんです。

ちなみに、うっかりイメージするのが遅れた年は、少し症状が出てしまうそうです。

今年はもう、遅いですね。
来年、どなたか試してみてください。
そして、結果をお知らせくださいね。

 

この間、実家に遊びに来てくれた、原知子さんが描いてくれたイラストです。

とっても可愛く描いてもらっちゃって、嬉し恥ずかし…。

知ちゃん、ありがとう。

 

おつきあいくださり、ありがとうございました。

 

あの人に会いに行こう!

 

 

こんばんは。

歌って笑う終活カウンセラーの、いとうくみこです。

昨日は、一般社団法人地域女性活動サポートラボの、納会 兼 近況報告のランチ会でした。

皆さん、夢を形にして、さらなる野望(笑)の実現に向けて着実に進んでいて、とてもまぶしかったです。

私は『終活』をもっと知っていただき、たくさんの方に取り組んでいただけるよう活動したい… と、あらためて思いました。

ランチ会のあと、少人数での終活セミナーをさせていただきました。

参加してくださったのは、私よりも年下の方々ばかり…

それでも、取り組んでみたいとおっしゃっていただけて、嬉しく思いました。

参加者さんの中に、ご主人が外国人という方がいて、文化も慣習も違うから、もしもの時は何もわからず、大変なことになるだろうと言っていたのが、とても印象的でした。

 

 

さて、『終活』に取り組もうと思ったとき、まず、エンディングノートを書いてみてほしいです。

人生の棚卸し… の項目では、子供の頃からの自分を振り返ります。

好きだったこと、好きだった人、先生にしかられたこと、嬉しかったこと、失敗したこと、うまくいったこと、お世話になった人、そしてあの頃の夢…。

そんなことを思い出しながら記入していきます。

もし、あの人は今、どうしているかな…、会いたいな、と思う人がいたなら、迷わず会いに行ってください。

 

7年前、お世話になった横浜のおじさまとおばさまに会いに行きたいと思いたったのですが、ひとりでは行けず、母を誘って一緒に行きました。

おじさまもおばさまも、とてもとても喜んでくださり、思いきって行って良かったと思いました。

その2ヶ月後、母は脳梗塞で倒れました。

幸い軽かったのですが、あの機会を逃したら、横浜には行けなかったかもしれません。

また今度にしよう…、と思っていると、その『今度』は、来ないかもしれないのです。

会いたい人に会いに行く…。

これも大切な『終活』です。

最後に「悔いなし!」と思えますように… (^o^)

 

 

毎日 終活。毎日 遺言。

 

こんにちは。

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

唐突ですが、結婚して29年近くになります。
高校卒業後、すぐに、東京で出会ったので、夫との付き合いは もう35年になります… ワオ(+_+)

娘は26歳。息子は22歳。すっかり、おとなの年齢です。

順番通りなら、私が先に旅立つでしょうから、ずっと、子ども達にかかわることはできません。

子どもたちが思春期のころ、毎日起きるできごとや、ドラマの中の人間関係、芸能界の話題をネタにして、「お母さんは、こういうことは好きじゃない!」「おかあさんだったら、この場合はこうするかな~。」 など、感じることを伝えてきました。

考えてみると、毎日、終活をしているようなものでした。子供たちに伝えたいことが山のようにあり、必死になっていた気がします。

ある日、「毎日のお母さんの言葉は、遺言だと思ってね~ 」と言うと、子供たちは目を丸くしていました。

まあ、そうですよね。突然そんなことを言われたら、誰だってビックリします。(笑)

でも、本当にそういうつもりでした。

いつ何があるかわからない “今” ですので、後悔しないために伝えたかったのです。

成人しているとはいえ、まだまだ未熟で心もとない子供たちですが、耳にタコができるほど聞かされた、母親のこだわりを頭の片隅に置きながら、自分なりに考え、価値観やポリシーを作り上げていってほしいと願っています。

 

先日、同い年の友人が、天に召されました。

人生は長いようで短いです。
「楽しかったよ。ありがとう。」
最期にそう言えるよう、全力で生きようと思います。

告別式の日の朝の富士山。

 

 

怒りの気持ちが起こらないとき… 《 人生棚卸し① 》

 

こんにちは。

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

 

まずは、ご報告とお礼をさせていただきます。

『第1回 暮らしのときめきカフェ』
開催させていただきました。

素数糸かけ曼荼羅体験に、親子でご参加下さったSさん。
集中したくて… と来てくださったWさん。
ありがとうございました。

やってみたい気持ちは大きいものの、うまくできずに悔し涙を浮かべる弟くん。
サラリとコツをつかみ、難なく仕上げるお兄ちゃん。
兄弟でもタイプの違うふたりでした。

弟くんが、完成させたとき見せた極上の笑顔は、感激もの。(T_T)
去年の夏に続いて2度めの糸かけで、釘の数を増やして挑戦しました。

初めてなのに、スルスル糸をかけていたお兄ちゃん。
大人でも気を抜くと、かけたはずの糸が外れてしまうので、初心者の方は、2~3回巻いているのですが、なんと、釘に巻かず、まさに  “かける”  だけで作り上げていました。
これにはビックリ!
今度は、作図や釘打ちにも、挑戦してほしいです。(^_^)

子供さんへのお土産に、糸かけキットを持ち帰ってくださったWさん。
帰宅後すぐに取り組んでいただき、ありがとうございました。

今回、残念ながらキャンセルとなってしまった方々、また開催いたしますので、お待ちしています。\(^o^)/

 ご了承いただいて掲載しました。

そして、お茶を飲みながらの、なんでも相談…。
雑談のようで、実は、深い話もできました。
「終活」について、もっともっと、知っていただきたいです。

 

さてさて、タイトルにもあります通り、今回は、わたくし自身の「人生の棚卸し」を、してみたいと思います。
今回が ① だから、シリーズ化決定かな。(笑)

私は、正社員よりもパートで働いていた年月がはるかに長く、人に自慢できるような経験はありません。
それでも、責任感を持って務めたことは、誇れると思っています。

出産後、家にこもっていた私ですが、子どもたちの入園を機に仕事を探しました。
20年ほど前のことです。
多くの方と同じように、応募しても応募しても採用されず、社会に必要とされていないと感じ、落ち込む毎日でした。

やっと採用された会社は変わった会社で、あるひとりの女性が事務のほとんどを担っており、その方とウマくやっていくことが、採用の条件でした。

その女性は、かなり突き抜けた性格の方でしたが、仕事は完璧で、この人がいなければ会社が困るという状況は理解できました。

私は、その方を 「神」 と思うことに決め、彼女の言うとおりに行動し、机の中のファイルの並べ方など、何から何まで真似をして、どんなことを指示されてもすべて受け入れ、忠実な後輩として仕事をしました。仕事を失いたくなかったからです。

今 思いだすと、人間関係は、とても辛い環境でしたが、「仕事とは…」 ということを、叩き込んでいただきました。

その後、いくつかの職場で何とかやってこられたのは、あのときの、理不尽なまでに厳しい先輩のおかげであったことは、間違いないと思っています。

あの頃、年下の先輩に対して 「怒り」 の気持ちが起こらなかったのは、圧倒的に未熟な私だったからなのだと思い出しました。

「怒り」 という感情は、自分の核となる大事な部分を思い出させてくれます。
見過ごせない! ってことなのですから…。

自分は今まで、どんなことに怒ってきたか…
昔は怒ってたけど、今はなんとも思わないことって何だろう…
両親は、どんなことに怒っていたかな…

そんなことを考えながら、エンディングノートに取り組むのも面白いかもしれません。

おつきあいくださリ、ありがとうございました。

 

 

親子って難しい…

 

こんばんは。

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

2017年1月も、もう半分過ぎてしまいました。

年末年始は、世の中も家の中も、
いつもと違って気ぜわしく、特別な感じですね。

新しい年が始まったばかりですが、
年度末でもあります。
なんとなく落ち着かないのは、私だけでしょうか…

高校卒業して家を出たのは、35年以上前のこと。
どうしても、地元を離れたかったことは覚えています。

それなのに、今は、毎月往復450キロを運転し、
実家に通う自分が、不思議でなりません。

両親は、昭和ひとけた世代。
終戦、高度成長期、バブル崩壊、そして平成。
想像もつかないほどの、変化を体験してきたでしょう。

私の母は、自分の母親を看取ってから嫁ぎました。
ですから、私が生まれてからも、
頼れる人は少なかったのかもしれません。

今のように情報が手に入ることもない中、
母は、母なりに愛情を注いで育ててくれたのだと、
今は、理解できます。

そう… 理解はできるのです。

親子って難しいですね。
本音の会話をどれだけしてきたのか。
これから、どれだけできるのか…

今は、まだ元気な両親と、
魂のふれ合う会話をしたいと思う私です。
ふたりに後悔してほしくないから…
私自身、後悔したくないから…

さて、次の土曜日は 『暮らしのときめきカフェ』 です。
あんまり普段はしない話も、しちゃうかもです。

1月21日(土) 10時~16時
富士吉田市中曽根 住まいのオサダ 2階

いとうくみこのメニューです\(^o^)/

【終活相談】
マイノート(エンディングノート)付き
30分~1時間 2000円
※マイノート持ってる方は1000円引き

【数秘&カラーセッション】
30分 1500円

【糸かけ曼荼羅体験】
13:00 開始予定  (ご相談ください)
糸かけのみ(約3時間) 4000円~4500円
※ 板のサイズにより異なります。
釘打ちご希望の方はご連絡ください。

【なんでも相談】
無料 (お茶しながら話しましょ🎵)
終活カウンセラー上級、数秘&カラー上級プレゼンターとして、あなたの心を軽くします。
どんなことも笑い飛ばすのが特技(?)
超ポジティブでゆるゆるな空気を味わいにいらしてください。

 

 

「終活」って暗いイメージ? 『サポラボフェスタ』で感じたこと。。。

 

こんにちは

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

12月6日に、一般社団法人地域女性活動サポートラボの設立一周年記念イベント『サポラボフェスタ』が開催されました。
たくさんの方にご来場いただき、和やかな雰囲気で楽しい時間をすごすことができました。 

私もブースでの出店をさせていただき、何名かの方とお話ししました。
率直な感想は、「もっと知っていただきたい!」と言うものでした。

 

「終活」という言葉を目にすると、どうしても  「もしもの時の準備」 と思いますよね。
「エンディングノート」 も同じです。もしもの時の準備として、残された方が困らないように、また、伝えたいことを記録するためのノート、というのが一般的なイメージです。

実は! 「エンディングノート」 は、記入する過程が とても大切なんです!
「エンディングノート」 の作成は、ちょっと面倒で、簡単とは言えないのですが、人生を振り返りながら胸を熱くして書くという、特別なノートでもあるんです。

もちろん、簡単に書くことができるページもあります。

保険証や年金手帳の番号、持っているクレジットカードの保管場所、病院で亡くなったときに自宅に一度帰りたいか? などなど、すぐに記入できる項目は、最初に記入してほしいです。

ところが、自分の記録のページや、大切な人に伝えたい思いを書くページは、なかなか筆が進みません。
ときには、思い出とともに涙があふれてしまうこともあります。

そこがポイントなんです。
普段はあまり考えないこと、忘れかけて思い出すことがなかったこと、胸の奥にしまってあったこと… そんな様々なことを、心の引き出しから取り出して、整理しながら書くのが 「エンディングノート」 なのです。

そうして、自分の心と対話して、あらためて自分を見つめてみることで、漠然としていたものがハッキリしたりします。
今 自分は何をしたらいいのか、進むべき方向はどっちか、などなど、止まっていた時間が動き出すから不思議です。

そんなアレコレを一緒に語る  “場”  を企画しました。

暮らしのときめきカフェ
1月21日(土) 10時~16時
富士吉田市中曽根 住まいのオサダ 2階

年が明けてからのイベントですが、ご都合が合いましたら、ぜひ、お越し下さいませ。

 

 

終活であなたの“今”が変わる !? 終活でワクワク?

 

こんにちは

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

私が2年半前に終活カウンセラー検定を受講しようと思ったのは、高齢の両親に聞きたいことが山ほどあるのに、なんにも聞けてないという状態を変えたかったからです。

初級検定でのお話には、衝撃を受けました!
驚きとともに、とてもワクワクしたことを覚えています。
人生のしまい方についてのお話かと思いきや、「 今を生きる 」というワードが出てきたのですから…。

両親を思って受講したはずでしたが、だんだん、自分の人生を振り返っていました。

小学校の時の夢は…
歌手になることでした(笑)

どんなことをしたかった?
楽器を習いたかったのです(楽譜読めないけど…)

そして、今からでも挑戦することができるのだと、ワクワクしてきました。

高齢者の方はもちろんですが、子育てに一段落する私たち世代にこそ、「終活」が必要なのだ! と感じたのです。

 

先日、友人から嬉しい話を聞くことができました。

「終活」について私の話を聞いてくださった後、気持ちの変化があったそうです。
ご主人の定年後に、ご夫婦でやってみたいと思っていたことを、「今」やってみることにしたのだそうです。
思いがけなく、子供さんも参加することになったので、家族でのイベントになり、楽しみが何倍にもなったようでした。

いつか、始めてみよう。
いつか、話してみよう。
いつか、行ってみよう。

それよりも、
明日、始めてみよう。
明日、話してみよう。
明日、行ってみよう。

その方が、ワクワクしませんか?
明日が無理なら、来週でも来月でもいいので、具体的に決めると動き始めます。
いつか… と思っていると、その「いつか」が永遠に来ない場合もあるのです。

 

あなたは何にワクワクしますか?

ときには立ち止まって、考えてみませんか?
写真の雑誌に、山梨県甲斐市の終活カウンセラー仲間、石川宏美さんが載っています。

彼女は、歌って踊れる終活カウンセラーです(^_^)/

 

 

 

 

 

終活とは… 堅いタイトルですが中味はユルい?

こんにちは

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

「終活」 って言うと、
どうしても高齢者のイメージがあります。

もちろん、差し迫った世代の「終活」は重要課題です!
「相続」「遺言」「保険」「葬儀」「お墓」。。。
なんとなく気になっていても、きちんと家族に伝えたり、残したりしている方は、意外と少ないんですよね。

私自身、80歳過ぎた両親に、面と向かって聞くことは、なかなか難しいです。

それでも、高齢者の「終活」が大切だということは、わりと周知されて来たように思います。

 

終活カウンセラー協会のホームページには、

終活とは…
人生の終焉を考えることを通じて自分を見つめ今をよりよく自分らしく生きる活動

とあります。

そうなんです!
「終活」というのは、年齢には関係なく (とはいえ、20代は早すぎかな…)、今をいきいきと生きるための活動なんです!

よく頑張ってきたなぁ…とか
思っていたのと違う方に歩いてきたなぁ…とか、今までの自分の歩みを見返してみる。
そして、これから先、このままの道を歩くのか、少し修正して新しい方向へ進むのか、じっくりと考えてみませんか。

そうすると、今、やるべきことが見えてくるんです!

もしも、ピンと来るものが無かったとしても、今は、パソコンとか、スマホとか便利なものがあります。
(私が若い頃はそんなもの無かった…(T_T))
知りたいことはすぐに調べられるし、近くにいる仲間も見つけることができます。

焦らずに、なんとなく気になることを調べてみたり、初めてみたりしましょう。

私が数秘&カラーを知ったのは 3年前、上級プレゼンターになったのが 1年前でした。
終活カウンセラーを知ったのは 2年半前、上級カウンセラーになったのが 1年ほど前でした。
(ついでに、サウルハープを始めたのは 3年前)

50歳を前にした頃、子供に手がかからなくなり (と言うより、相手にされなくなったと言うべき?)、高齢の両親の様子が気になり、月 1回実家に帰るようになりました。

それから 3年過ぎた頃に、新しい出会いとともに、新しい道が見えてきたんです。

連続ドラマ  『地味にスゴイ!校閲ガール』の最終回で、
ワタクシ、テレビ大好きオバサンです ^_^ ) 心に響くセリフがありました。

「小説家になりたかった。」と話す、リタイアした男性に向かって、主人公は
「過去形で言わないでください。本の夢、取り戻してください。」
といいます。そして、小説家になった友人が、言うのです。
「まだ夢の途中にいると思うと、ワクワクしてこないか? あの頃のように、一緒に夢をみようじゃないか…! 」

いくつになっても、夢や希望を持って生きることは、心も体も元気にしてくれると思います。

大きく書いてしまいました(笑)

「終活」を通じて、私がいちばん伝えたい事なんです!
そういう私自身、まだまだ歩き始めたばかりです。
私と一緒に、ときめく終活に取り組みましょう♪

 

おつき合いくださリ、ありがとうございました。

 

 

 

はじめまして。こんにちは。お久しぶり。

お会いしたことのない方、はじめまして。
いつもお会いしてる方、こんにちは。
ずいぶんお会いしてない方、お久しぶり。

歌って笑う終活カウンセラーの、
いとうくみこです。

 

高齢者のためというイメージの「終活」ですが、
子育て世代にも、必要なんです。

自分の人生を振り返り、これからのことを想像しながら、
忘れていた夢を思い出し、新たなワクワクをみつけて、
どっちに向かって進んでいこうか…
今だからできることは何だろうか…

そんなふうに自分の道を歩きたいですよね。

お母さん、お父さん、おばあさま、おじいさま。
子育て世代から ご高齢の方まで、
悔いのない自分の人生を歩くためのヒントを、
お伝えしていきたいと思っています。

 

一粒万倍日で天赦日でもある今日から、
ブログを始めることにしました。
笑って話せるような 『 ときめく終活 』 をご提案します。

Facebookには載せないような、
日常のあれこれもつぶやくかもしれません。
何の取り柄もなかった私の、小さな一歩です。

 

写真は、私の故郷 山梨県富士吉田市の夜景です。

Facebookはこちら